社員紹介

「システムと一緒に成長していく姿勢で。」

A.N.(2014年新卒入社)

カスタマーソリューション部システムエンジニア

工学部建築学科出身

リーマンショックで知った、
金融業界の魅力。

OISを就職先に選んだのは、システムエンジニアとして、金融に関わる仕事ができることに魅力を感じたからです。そもそも金融の世界に興味を持ったのは、私が高校生の時に起きたリーマンショックがきっかけでした。当時、何も知らない高校生であった自分でも、金融の動きが世の中に与えるインパクトを知り、その重要さ、スケールの大きさに魅力を感じたのです。また、大学で就職活動を始めた際、システムエンジニアという職種に強い興味を覚えました。金融は数字の世界であり、コンピュータの力が欠かせません。OISは証券会社と直接つながりを持っているため、金融の動きを近くで感じられるエンジニアになれると思い、入社を決めました。

ユーザの「やりたい」を、
近い距離で実現する。

入社以来、証券会社の営業担当者が利用する「営業支援システム」の設計、開発を担当してきました。証券営業に携わる方は、お客様の個人情報、証券取引の情報、現在お預かりしている資産の動向などを、常に把握しておく必要があります。それらをシステム化し、必要な時に参照できるよう開発しているのが営業支援システムです。

開発には証券業務にかかわる膨大なデータを集約し、整理して分析することが重要なため、幅広い知識が求められます。また、ユーザである営業本部の方とは直接やり取りする機会が多いのですが、同じグループ会社ということもあり、ビジネスライクな感じではなく、フランクに接してくれます。双方で意見を出し合うことで、一緒にシステムを作り上げていく感覚が持てています。

システムとともに、
自分も進化し続ける。

今の仕事は様々なことを吸収でき、成長を実感できるところにやりがいを感じています。一方で難しいと感じるのは、証券会社の全営業が使っているシステムなので、ユーザからの要求の度合いが高いという点です。昨今の業界の動向に合わせて、年々やることが高度になっていくので、システムを一度開発したら終わり、ということはありません。自分自身も常に学び続け、システムと一緒に成長していこうとする姿勢が重要ではと思っています。

また、せっかくユーザと近い距離で仕事ができる環境にいますので、今後はコンサルティングについても学び、ユーザへより良い提案ができるようになりたいです。知識面ではフィンテックやシンギュラリティといった分野に興味を持っているので、そういった方面にもアンテナを伸ばしていきたいと思います。

部署を超え、
いろいろな人とつながれる環境。

OISはのびのび働ける会社だと思います。私自身、入社1~2年目くらいまでは、上司や先輩の指示で業務を進めることが多かったのですが、経験を積むにつれて裁量が大きくなり、自分の考えで業務に取り組むことが増えました。仕事の幅が広がりますと、必然的に他部署との関わりが多くなりますが、OISの社員は話しやすい人が多く、ベテラン、若手問わず、仕事の途中で席に行っても、質問には優しく対応してくれます。そんなこともあり、人間関係の面では居心地の良さを感じます。

また、金融系のシステム会社なので、お堅い印象を持たれることがよくあるのですが、実際にはだいぶ違います。スピード感や柔軟性をもって取り組まなければならない仕事が多いですし、社員もフランクなタイプの人が多い。選考に参加される方には、是非そういった点も感じてほしいです。